HAJIMEVISIONさんにお話を伺わせて頂きました(札幌市豊平区平岸 映像作品制作)

当『札幌・札幌近郊 S-Business Coverage』関連ご案内に関してはこちら↓↓↓

※当記事は2012年7月13日に取材致しました前身企画『札幌・札幌近郊 Web City Information Works』札幌・札幌近郊こだわりSHOP.com記事からの移行記事となります。当記事内容は左記取材時点での内容であり、商品内容・価格その他事情が現状と異なる場合があります。

 札幌・札幌近郊こだわりSHOP.com企画運営事業部現『札幌・札幌近郊 S-Business Coverage』企画、以下一部「札」です!
 
 今回当サイトでご紹介の事業者様は、札幌市豊平区の映像クリエイター、HAJIMEVISIONさん(以下一部「H」)です。
 HAJIMEVISIONさんは札幌市の豊平区にて、こだわりの感動映像制作事業を手掛けられています!

(札)「どうもこんにちは!本日は札幌市豊平区の小島肇代表によるご展開”感動映像”「HAJIMEVISION」さんへお邪魔させて頂いております。小島代表、本日はお時間を割いて頂く事ができましてありがとうございます。小島代表は、元々ご子息の撮影や前職自衛隊での訓練撮影などから始まった映像制作が数々の趣味のライフワークとしての映像制作への契機となられまして、平成7年の「星の降る里芦別映画学校ふるさとビデオコンテスト」では大賞を受賞、審査委員長の有名映画監督大林宣彦氏から「並々ならぬ作家性」と評されたとの事ですよね…!他にも「北海道映像メディアコンクール北海道新聞社賞」等、数々の映像制作関連の賞を受賞されてらっしゃるのですね。映像制作事業・HAJIMEVISIONとされましては、いつ頃からご展開されているのですか?また、自衛隊在籍時に平成14年の札幌ドームにおける陸上自衛隊の記念行事用・巨大スクリーン上映映像を制作班長として半年掛かりで!制作されたとの事ですが、過去に手掛けられた映像制作に関する規模という面では、やはりその際のお仕事は今までの中でも一番の大規模な映像制作という事になりそうでしょうか…?」

(H)「どうもこんにちは。平成7年の芦別のふるさとビデオコンテストでは締め切りが間近のギリギリの段階での応募となってしまいましたが、大賞を受賞させて頂き大変嬉しかった事と共に、監督から頂いたご評価についてはやはりその後の映像制作に関する大きなモチベーションの向上につながってきたと思います。あの時に大賞の受賞を頂いていなかったらもしかしたら「HAJIMEVISION」は存在しなかったかもしれません。HAJIMEVISIONとしての事業展開は平成18年からになりますので、今年で7年目になります。映像制作自体は以前に所属しておりました自衛隊での在職時代から趣味のライフワークとして常時手掛けておりましたので、そのようなライフワークも含めた各種映像制作という点ではもう、二十数年になります。映像制作に関する規模という面では、そうですね。その際には陸上自衛隊内において釧路駐屯地第27普通科連隊の副隊長としての役割と北部方面隊総隊50周年記念行事の演出映像班長という2つの役割を担う形となりまして、行事が終了するまでは札幌で映像制作に従事し釧路へも通う形で連隊副隊長としての立場も兼ねておりました。自身が所属してきた陸上自衛隊の記念式典行事におきまして、趣味のライフワークから生まれた映像制作に関する素養を評価頂き大きな任務を任せて頂けた事は、大きな責任を感じると共に大変やりがいを感じる仕事でありましたね。人に言えないストレスや苦悩もありましたが、スタッフの隊員たちに助けられました。」

(札)『締め切り間近の応募がまさかの大賞受賞、となったわけですか・・応募が間に合って本当によかったですね!趣味のライフワークの時代からも含めますと、もうかなりの長い年月になられますね。自衛隊にご精通されている強みに関しましては、ご退官・独立後のHAJIMEVISIONさんの北海道陸海空自衛隊DVDシリーズのご制作・ご展開にとても強く活かされてらっしゃいますよね!札幌・札幌近郊の書店はもとより、ミリタリーショップ・ホビーショップ・自衛隊駐屯地等のほか、遠くは東京・大阪・九州の一部書店などでもHAJIMEVISIONさんの同シリーズが置かれているのですね。また、一般個人様対象としてのHAJIMEVISIONさんのお勧めご提案分野とされましては「自分史制作」という事で、「自分史制作」に関しては3年程前に新聞さんの特集記事でご登場されてらっしゃいますよね。特に自分史制作に力を入れてご提案されている背景には、どのような思いをお持ちになられているのでしょうか?』

(H)『やはり自衛隊出身という独自の視点や思い入れ・知識経験などもあります事から関連する映像制作には強みがあるものかと思いますので、積極的に関連DVD制作・販売を展開させて頂いております。「自衛隊って普段どんな事しているんだろう?」そんな疑問に少しでもお応えできる助力となる存在となれたら嬉しいですね。普段は一般個人様を対象に各種映像制作の受注に力を入れておりまして、特に自分史制作は趣味のライフワーク時代も含めますと30名様ほどについて手掛けておりますので、自信を持ってお勧め致します。自分史制作ではその方の「人生」という極めてスケールの大きなテーマに関していかにスムーズに流れよく、またドラマティックにまとめさせて頂くかという点におきまして、とてもやりがいのある仕事という事ができますね。またドキュメンタリーとしての自分史は、各種の人生の節目の行事(結婚や定年、還暦等)・ご法要等でご活用される事により盛り上がりや意義を高めて頂き、各種の人生の節目の行事・ご法要等の内容をより濃いものとして頂く事ができますので、非常に意義深いものと思います。HAJIMEVISIONの映像受注制作では全てにおきまして各者様・各状況に合った世界に一つだけの依頼者様のための映像をストーリー構成・BGM選択にこだわりをもって一点一点魂を込めて感動映像を制作させて頂いておりますが、自分史制作ではとりわけ、そのようなやりがい・意義深さ等を感じられるわけなんです。

(札)「なるほど、自分史制作はお客様にとっては写真・映像の整理等としての機能も兼ね得るものと考えられますが、なによりは各種の人生節目行事等で特に非常に存在感のあるツールとして効果が発揮されてくる意義深いものとして、とらえておく事ができるわけですね。小島代表は先述のふるさとビデオコンテスト受賞の際に高名な映画監督・映像作家である大林監督より作品の構成力や選曲のセンスなどについて高い評価を受けられたという事ですから、こだわりの自分史制作を検討されていらっしゃる方々にはぴったりの発注先といえますよね。映像制作の料金は概ねどのくらいで請負われていらっしゃるのでしょうか…?また、もし遠方の方々でHAJIMEVISIONさんにご関心を持たれた方々にご対応される事は可能でしょうか?」

(H)「制作料金の目安としましては「写真50枚(からの作成)・約10分で5万円」「写真100枚(からの作成)・約20分で10万円」という形ですが、使用画像枚数やプロのナレーション(3万円)・現地ロケ(実費+一日撮影3万円)ご希望ご挿入の有無等によりましても変わります。使用可能写真枚数や料金には特に上限は設けておりませんので、10万円のレベルより上のレベルとなる制作にもご希望内容・ご予算に応じさせて頂きご相談対応にあたらせて頂く事ができます。ご関心を頂きました際には宜しければメールやお電話でまずお気軽にご相談を頂けましたら「ご構想にあるような映像制作がご予算の範囲でできそうか」「ご予算の範囲でどのようなものができそうか」等、ご希望を伺いながらご説明・ご相談対応にあたらせて頂きます。遠方の場合、必要なコミュニケーションが成立致しまして、制作に必要となる写真画像や資料のご提供さえ頂く事ができましたら、遠方で可能な映像制作に関しては受注制作する事ができます。遠方の方々にご関心をお持ち頂けました際にも、やはり宜しければメールやお電話でお問合せを頂けましたらまずはご予算・ご希望等を伺いながら、ご説明・ご相談対応にあたらせて頂きます。ご関心の際にはお気軽にお問い合わせ頂けましたらと思いますね。」

)「なるほど、ありがとうございます!ご閲覧の皆様、この度ご紹介の小島代表のご展開”感動映像”HAJIMEVISIONさんでは、各種映像制作のご相談に強い意気込みとこだわりの受注制作視点で応じられております。特に力を入れてご提案されている「自分史制作」では、豊富な制作経験と数々の映像制作関連受賞歴を持つ代表による「各者各様に合った感動映像制作の追及が行われるこだわりのストーリー構成・BGM選択(BGM選択は5000曲のライブラリーの中から最適なBGMを選ばれるそうです!)」をもちまして、「人生ドラマの総まとめとしてのこだわりの映像制作」をご相談頂く事ができます!今後の人生の各種節目行事(結婚や定年、還暦等)での自分史ご上映をご考慮・ご検討をされる方々には、特にお勧めする事ができます。また、映像制作に必要なコミュニケーションと資料ご提供が成立する場合には遠方からのご相談にもご対応可能という事ですので、札幌以外の方々でも自分史制作にご関心を持たれた方々は小島代表の”感動映像”HAJIMEVISIONさんへご相談されてみてはいかがでしょうか?きっと有意義な映像制作への第一歩が進む形になると思われます。小島代表、本日は当サイトのためお時間を割いて頂きましてありがとうございました!」

(H)「ありがとうございました。なお、HAJIME VISIONでは撮り溜めた写真・ビデオ・8ミリフィルム等のご希望メディアへの移行や簡易な編集作業、その他各種イベント等の撮影及び編集に関してもご相談を承っておりますので、ホームページもご参考にご覧頂き、写真や映像の整理にお困りの方々、各種イベント撮影・編集の外注を考慮されている方々は宜しければ随時、お気軽にお声掛け頂けましたらと思います。また、近時はご高齢のお客様の所に出張映像制作という形でお客様の目前での編集作業に出かけている例もありまして、このような出張映像制作は特に御高齢であまり外に出れない方々に思い入れを込めた編集をご提供できるという点で、非常に有意義なものでありますので、今後もご希望のご相談を頂けましたら是非積極的に応じて参りたいと考えております。勿論あらゆる方からの自分史制作のご相談に関して大歓迎ですので、是非お気軽にご相談下さい。本日はどうもありがとうございました。」


【本日ご紹介させて頂きました事業者様情報は・・・】
※当記事は2012年7月13日に取材致しました前身企画『札幌・札幌近郊 Web City Information Works』札幌・札幌近郊こだわりSHOP.com記事からの移行記事となります。当記事内容は左記取材時点での内容であり、商品内容・価格その他事情が現状と異なる場合があります。
※2014年3月、下記関連インターネット販売サイト情報を追加致しました!
※2017年3月から6月にかけまして、宝島社並びにアースゲート社から3作品を全国発売されております!

※最新の情報についてHAJIMEVISIONさんへお問合せの際には下記HAJIMEVISIONさんご連絡先をご参照下さい。

HAJIMEVISION(映像作家 小島肇)
〒062-0932
札幌市豊平区平岸2条12丁目3-11-501
TEL 090-8896-8876
E-mail info☆hajimevision.com 
(※E-mailご送信時は☆を@に変えてご送信下さい。)
ホームページ
http://www.hajimevision.com/
ブログ
https://hajimevision.blog.so-net.ne.jp/
関連インターネット販売サイト・ミリタリースピリット
http://www.military-spirit.com/

当『札幌・札幌近郊 S-Business Coverage』へ関連お問合せに関してはこちら↓↓↓